自動車保険 安い

更新は見直し・節約のチャンス

毎年保険会社から通知がある更新の時期は自動車保険の見直し・節約のチャンスです。
加入条件の変わった点を確認し、新しい契約に切り替えることができます。

この1年間で次のような条件の変化はありませんでしたか?

<更新時の加入条件のチェックポイント>

○車を使う回数が大幅に減った(使用目的:通勤・通学→日常・レジャー等)
○運転する家族が全員30歳以上になった
○排気量の小さい車に買い換えをした
○ブルー免許からゴールド免許になった
○年間走行距離が短くなった
○セカンドカーを購入した
○運転者を夫婦や家族に限定できるようになった

このような変化があれば保険会社が同じでも今より保険料を安くすることができます。
代理店型から通販型へ切り替えるなら更に大幅に安くできるでしょう。


■主要各社の自動車保険レビュー■

保険料を比較するための手順

一括見積もりによる各社の保険料の比較です。

◎第一ステップ⇒自分の加入条件を確かめる

軽自動車の任意保険料を各社比較するためには自分の加入条件の確認が欠かせません。

任意保険料は年齢・等級・使用目的・車種・走行距離・車両保険の有無などで大きく変わります。
相場をどんな専門家に尋ねてもまずは「加入条件は?」と質問されることになります。


◎第二ステップ⇒各社の比較を行なう

加入条件が決まっても1〜2社の見積だけでは任意保険選びの結論が出ません。

自動車保険は現在20社以上もが扱っており各社が様々な商品で競争しています。
同じ加入条件で任意保険料の差が2倍以上になることも珍しくありません。

このような各社の比較を行なって初めて後悔のない保険選びとなります。


各社比較で短時間に相場を知る方法は現在一括見積もりしかないかも知れません。

20社を超える保険会社に1社づつ見積を依頼するのは普通不可能に近いでしょう。
一括見積もりは短時間の入力で複数社の比較を一度に行なうことができるのが最大のメリットです。


各社の比較例〜子供も運転の50代

自動車保険が自由化されて10数年経過し、保険料の設定は現在リスク細分方式が主流になっています。
各社の競争でリスク区分の多様になり、更新時の見直しのチャンスがかつてより大きく増えました。

任意保険をそのままにしていた間の条件変更が多ければ多いほど見直しの余地が大きくなります。
実際に経験したり、知人から聞き出したりした実例を紹介してみます。

・運転する家族がみな30歳以上になった(「年齢条件」の変更に該当)

  保険料¥26,000 → ¥21,400

 (契約概要 32歳、カローラ、12等級、対人無制限、対物1千万円、車両保険無し)

・車を通勤で使わなくなった(「使用目的」の変更に該当)

  保険料¥34,400 → ¥27,600

 (契約概要 29歳、フィット、9等級、対人無制限、対物1千万円、車両保険無し)

意外に大きい保険料の差になることがお分かりいただけると思います。

たった1項目の変更でもこのような保険料の差額が出てきます。
各社のリスク区分が多様化している現在では更に節約額が大きくなるかもしれません。

自動車保険の更新を控えている方は、ぜひともチェックしてみてください。


中古車査定の注意点

自動車保険は安い「産地直送」タイプで保険料節約メニュー