自動車保険 安い

安い保険会社が簡単に分かる

自分の条件で一番安い自動車保険をお探しなら、
一括見積もりが間違いなくおすすめです。

任意保険を販売する損保会社は現在24社も!(2010年10月)
下調べ等で安い所を半分に絞り込めたとしてもまだ10社以上にもなります。

10社以上を比較しなければ最安の保険会社がわかりませんが、
果たして全部に見積もり依頼を行なう気になれるでしょうか?

一括見積もりを利用すればこれらが一挙解決です。

最大20社の一括見積もりなら、
大手など主要な保険会社のほぼ全社に網をかけることができます。

常に20社全部から見積が来るとは限りませんが、
見積依頼に応じられない所の出ること自体が保険会社の絞り込みになります。

自分の加入条件で最安の自動車保険をお探しなら、
迷わず一括見積もりを試してみましょう。絶対に損はありません。


■主要各社の自動車保険レビュー■

通販型が安い明確な理由

自動車保険の保険料を一括見積もりで比較してみると、初めての方はそのあまりの保険料の違いに驚くと思います。

中でも通販型各社のあまりの安さに「いざという時大丈夫?」とかえって心配になってしまうかも知れません。

通販の自動車保険の保険料が格安になるのにはちゃんとした理由があります。

通販型の自動車保険は代理店手数料・支店人件費などの中間経費を一切省略し直接契約を行っているからです。

中間コストの中でも代理店手数料保険料の15〜20%と言われており、この差はホント大きいです。

保険料が5万円であればこの手数料を省略するだけで4万円の保険料になるのです。

代理店を通すだけのことで割高になる代理店型より、省略したコストを保険料の引き下げやサービス充実に充てている通販型の方がはるかにまともな姿だと感じるのは私だけでしょうか。

国(金融庁)から見れば、通販型も代理店型も厳格な認可、監視が行われる同格の保険事業であり、
保険の契約の形態以外に基本的な違いがあるわけではありません。

かつて保険金出し渋り問題で代理店系大手が何社も金融庁から勧告を受けたり営業停止処分を受けたりしましたが、このように通販であろうが代理店販売であろうが問題がある保険会社は金融庁が放って置かないということです。


中古車売却の時期・タイミングを考える

事故対応⇒通販型も代理店型も基本は同じ

事故対応を保険会社が直接行なうのは通販型も代理店型も同じです。

「事故の時は代理店の方が安心」
ネットで見かけるこの言い方には代理店が事故対応を行うようなイメージがあります。

現実には、事故時の代理店の仲介やあっせん行為は法令違反であり行われることはありません。
代理店型のメリットはあくまでも保険のプロから「アドバイス」が受けられることです。


問題は代理店の86%(2010年現在)が車ディーラーなど副業のアマチュア代理店だということです。
ネット等で「代理店探しが重要」と言われるのにはこういう背景があります。


代理店の質の違いの心配が無く全契約者が均一なサービスを期待できるのが通販のメリットです。
このメリットは例年の満足度調査の結果で裏付けられています。

自動車保険は安い「産地直送」タイプで保険料節約メニュー