自動車保険 安い

「スピード解決3兄弟」でトップを走る?

あいおい損害保険のトップラン(個人総合自動車保険)は、保険料の安さよりも、補償とサービスで差別化を狙うというコンセプトになっているようです。

「トップラン」というのは、補償、サービスの面で先頭を行くという意味なのでしょう。

一番の特徴は、「スピード解決3兄弟」というペットネームがつけられている次の3つの特約でしょう。

1 人身事故を円満解決にする「対歩行者等事故傷害補償保険特約」
2 事故のスピーディな解決に役立つ「対物差額修理費用担保特約」、
3 もらい事故でも安心の「弁護士費用等担保特約」

1は、対人賠償保険で支払の対象とならない被害者の過失分を補償するという特約であり、

2は、相手側の修理費用が時価額を超えた場合に、過失割合に応じて、また上限を50万円として補償するという特約です。

対人賠償保険、対物賠償保険そのものが、自賠責保険では補償されないものをカバーする任意保険ですが、被害者側の過失割合分、時価を超える修理費用分という、これら任意保険でさえも通常は補償されない部分をカバーしてしまうのが、1と2の特約です。

これに、3の300万円を上限とする弁護士費用等担保特約を加えた「スピード解決3兄弟」は、まさに補償の安心面ではトップを行く自動車保険と言ってもいいでしょう。


大きな安心につながる特約

相手側の過失相当分とはいえ、相手側の任意保険未加入等の事情によりその過失相当分の穴が埋まらず、解決が長引いたり大きいしこりが残ったりするのは、精神的に苦しいものであることは想像に難くありません。

それが特約による補償ですばやく解決するのであれば、これは大きな安心に繋がるものであり、存在意義は小さくないでしょう。

スピード解決、円滑な解決で精神的な安心をしっかりバックアップするというわけです。

発売会社の請け売りのようになってしまいますが、自動車保険は安いだけでは不安だ、できるだけ不安要素のない補償を得たいという人に、「補償・サービスで一歩先を行く」この「トップラン」が向いているかもしれません。


■主要各社の自動車保険レビュー■

自動車保険は安い「産地直送」タイプで保険料節約メニュー